書評

要約まとめ:「多眼思考 モノゴトの見方を変える300の言葉」 

「多眼思考 モノゴトの見方を変える300の言葉」 

ちきりんさん著「多眼思考 モノゴトの見方を変える300の言葉」を読みました。

多眼思考 Kindle版


当記事では、気になった箇所をまとめていきます。

「多眼思考 モノゴトの見方を変える300の言葉」に関する情報

【目次】

  • 生きること
  • 働くこと
  • 社会
  • 子化と高齢化と男と女
  • 生きること
  • 働くこと
  • 社会
  • 少子化と高齢化と男と女
  • ゆるく考えよう
  • ビジネス
  • ぐろーばりぜーしょん
  • 自立&未来へ

【著者紹介】

ちきりん

関西出身。バブル期に証券会社に就職。その後、米国での大学院留学を経て外資系企業に転職。

2010年末に退職し、現在は執筆、対談、旅行など、「楽しいことだけして暮らす」を実践中。

2005年3月に書き始めたブログ「Chikirinの日記」は、月間200万PVを達成するなど、日本で有数の人気ブログに成長。

著書『ゆるく考えよう』(イースト・プレス)、『自分のアタマで考えよう』(ダイヤモンド社)、『世界を歩いて考えよう!』(大和書房)、『未来の働き方を考えよう』(文藝春秋)など。 (以上、本書から抜粋)

言わずとしれた、有名ブロガーであり、インフルエンサーですよね。ちきりんさんのブログやTweetはブログやSNS初心者の方には大変参考となりますし、投稿内容自体が面白く、また勉強になります。 必見です。

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法 (文庫ぎんが堂) Kindle版

自分のアタマで考えよう (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2011/10/28

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! (だいわ文庫) Kindle版

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる (文春文庫) Kindle版

「多眼思考 モノゴトの見方を変える300の言葉」 の魅力

本書の魅力は、何といっても、ちきりんさんのTwitterのツイート内容をまとめて見ることができる、という点です。

有名人の過去のツイートを見たりすることありませんか?

単純にその人が好きだったり、自分の発信のためにその人のツイート内容を参考にしたり。

本書では、2010年~2014年ころまでのツイートを集めてくれています。

「多眼思考 モノゴトの見方を変える300の言葉」の気になったところ

ここから、各パートで気になったところを抜粋して紹介します。

抜粋した観点は以下の3点です。

  • ツイート内容が現在の問題にも反映されている。
  • ツイート内容を自分のアタマで考える必要がある。
  • ツイート内容そのものが面白い、痛快。

生きること

あたしが心配なのは、お金がない人生じゃなくて、やりたいことのない人生だよ。

40代とか50代の人ってさ、若い子に「夢を持って頑張れ」とか言ってるヒマがあったら、自分が夢を持って頑張ったほうがいいと思うよ。いやまじで。

働くこと

20代は誰でも成長できる。30代でも多くの人が成長できる。でも40代で成長できる人はごく限られてる。多くの人が30代で終わってしまう。

23歳から70歳まで47年間、働くことになる20代の人にとって、「一生にひとつの仕事」とか、「一生、ひとつの会社」とか。もうありえないと思うんだよね。

「頭がいい」とかより「稼ぐ力がある」ほうが、これからの世の中、圧倒的に有利だと思う。

社会

ITとかいくら進化しても、「通勤」をなくせないようではアカンやろ、と思う。

日本の一般人は他国の一般人より、全体としてかなり優秀だと思う。でも日本のエリートは世界のエリートとは、比べるのも恥ずかしい状態。足りてないのは何なのか、めーかくだと思う。

少子化と高齢化と男と女

現時点でコーポレートラダーをのぼり切った場所にいる人たちって、家事育児を相応に分担していないとかいうレベルではなく、妻のフルサポートを得て、仕事だけに完全集中できる環境にあるんですよね。

そもそも日本において「お受験でいい大学へ」ってもう無意味でしょ。今、親の世代の団塊ジュニアは人口200万人。でも、今、生まれてる子供は100万人ほどだよ。学力びりでも、(親の代なら)真ん中の位置にあった大学に入れるんです。

ゆるく考えよう

「人生あと10年!」(と思って生きる)と決めてから、つまんないこと、ウザイこと、つらいことは何もできなくなってしまいました。ごめんよ、神様。

勝ちたいなら、自分の欲しいモノを手に入れたいなら、「頑張る」のではなく、「勝てる分野」を選び、「勝つ方法」や「手に入れるための工夫」について考えるべき。むやみに頑張るのは人生の無駄。

「つらいことを我慢しないと食べていけない」とか、嘘ばっかり子供に教えるのはもうやめよう!

ビジネス

Twitterは圧倒的に「市場的」だよね。つまんないコト言うと誰も返事してこない。おもしろいこと言うと、RTが殺到する。FBだと何言っても反応のレベルはそんなに変わらない。反応数は、言った内容より友達の多さに左右されるから。

市場で評価され、誰かがあなたの作りだしたものに対して、自分の財布から、必死で稼いだ貴重なお金を払ってくれるということの意義を、みんなが実感すれば、組織も国も立ち直れる。「価値を出せばお金につながる」というサイクルをみんなが実感することが大事なんだよ。

ぐろーばりぜーしょん

世界は才能を取り合ってるけど、日本は突出した才能のある人を逮捕したり、妬んで叩いたり、バカにしたりばっかりしてるからなー。

ハーバード大の教授18人が日本を訪問していろんな企業(&起業家)を取材した感想、(1)思ったより起業家が育ってる、(2)日本人は復興が得意、(3)組織の中にいる人で、活用されてない人がまだまだ多い、(4)グローバリゼーションがまだまだ課題。全部同意。一目見ればわかるってことなのね。

自立&未来へ

45歳にもなって、組織を離れたらたべていけないとか最悪。20年も働いてきて、何を学んでるの?って感じです。

「働き方を変えるなんて不可能」と思っている人にとっては、たしかにそれは不可能なんだよね。でも「できるかも?」と思う人には、可能かもしれない。さらに、「きっと変えられる!」と本気で思う人の多くが、未来の働き方を手に入れられる。

いかがでしょうか。必ず心に刺さる、 Tweetがあるはずです。

多眼思考 Kindle版


-書評

© 2024 Sakutarou blog Powered by AFFINGER5